e-ヘルスバンク開発の経緯

e-ヘルスバンクに使用されているコンピューター問診プログラムは、
近代の内科問診学の主流をなす米コーネル大学医学部のコーネル・メディカル
・インデックス(CMI)をベースに、日本ヘルスバンクの関連医療機関・医師の
協力により現代日本の実情に合せたコンピューター問診プログラムとして開発
され、各医療機関・医師の臨床及び各種問診との併用試験を経て信頼度の高い
問診システムとして完成致しました。

発表以来、既に述べ500万人以上の人に利用され、健康管理の基本データとして
医師よりも高い評価を受けています。